ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

初優勝の重永亜斗夢は「死ぬまで自慢できます」 石川遼を1打差で振り切る 男子ゴルフ

4/15(日) 23:37配信

産経新聞

 「死ぬまで自慢できます」と破顔した。29歳、プロ11年目の重永がツアー初優勝。18番、10センチのウイニングパットを沈め、石川遼を1打差で振り切った。

 「だってそうでしょ。永久シードの(片山)晋吾さんと、新しい時代を築いたあの(石川)遼クンと最終日、同じ組で回って勝ったんですよ」

 6番(パー3)でダブルボギー。7、9番でもボギー。「6番は『やっちまった』と思った。今年のモットーが『ミスしても腐らない』なんで心掛けた。仮に越されても遼についていけばいい気持ちでやっていた。後半は落ち着いてプレーできました」。逃げ切った。

 家族との抱擁が「夢だった」という。故郷の熊本から急遽駆けつけた妻の和歌子さん(28)、長女の亜子ちゃん(5)、次女の夢芽ちゃん(2)と、18番のグリーンサイドで喜びを分かち合って実現させた。

 熊本地震から2年…。「風化しそうなときに勝ったのは良かった。少しは勇気づけられたかな」。“亜斗夢”は熊本県民に10万馬力の元気を与えた。(清水満)

最終更新:4/15(日) 23:37
産経新聞