ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

立大が早大下して勝ち点 1年生左腕・川端が初登板/東京六大学

4/15(日) 13:20配信

サンケイスポーツ

 東京六大学野球春季リーグ戦第1週第2日は15日、東京・神宮球場で2回戦が行われ、第1試合は立大が早大を4-2で下し、連勝で勝ち点1を挙げた。

 立大は、2-2で迎えた四回に先頭の6番・藤野隼大捕手(3年)が左越えに勝ち越しソロを放ち、六回には4番・三井健右外野手(2年)の右越えソロで4点目を挙げた。先発右腕・手塚周投手(3年)から新人左腕・川端健斗投手(1年)、右下手投げの中川颯投手(2年)の継投で抑え切った。川端は初登板を勝利で飾った。

スポーツナビ 野球情報