ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【皐月賞】1番人気ワグネリアン見せ場なく7着…福永騎手「馬場の影響なのかな…いつもの加速が見られなかった」

4/15(日) 20:38配信

サンケイスポーツ

 4月15日の中山11Rで行われた第78回皐月賞(3歳オープン、牡・牝、GI、芝・内2000メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)が差し切り勝ち。三冠馬オルフェーヴルの初年度産駒が、牡馬クラシック第1弾を制した。

 弥生賞2着で1番人気に支持された福永祐一騎手騎乗のワグネリアンは、直線見せ場なく7着に敗れた。

 福永祐一騎手「いいスタートを切れて事前に打ち合わせしていたポジションを取ることができました。ただ、3コーナー過ぎから仕掛けたけど、加速することができませんでした。軟らかい馬場でしたが、ノメるところはなかった。それでもいつもの加速が見られなかったのは、馬場の影響なのかな…。残念です」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ