ここから本文です

ボン・ジョヴィ、ロックの殿堂でリッチー・サンボラとリユニオン

4/15(日) 13:35配信

BARKS

ボン・ジョヴィが、土曜日(4月14日)米オハイオ州クリーブランドで開かれたロックの殿堂入りの式典で、2013年にバンドを離脱したリッチー・サンボラ(G)、1994年に脱退したアレック・ジョン・サッチ(B)とリユニオンしパフォーマンスした。

◆ボン・ジョヴィ画像

ラジオDJ、ハワード・スターンの紹介により殿堂入りした彼らは、「You Give Love A Bad Name」「It's My Life」「When We Were Us」「Livin' On A Prayer」の4曲をプレイ。リッチーが、彼の離脱後発表されたアルバム『This House Is Not for Sale』(2016年)のリイッシュー盤に収録される「When We Were Us」をライブ・パフォーマンスするのは初めてで、ジョン・ボン・ジョヴィとマイクをシェアする一幕も見られたという。

ボン・ジョヴィは、デヴィッド・ブライアン(Key)、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、ヒュー・マクドナルド(B)、リッチー・サンボラ(G)、アレックス・ジョン・サッチ(B)、ティコ・トーレス(Ds)が殿堂入りした。

また、バンドの故郷ニュージャージーでは、セレモニーが始まる数時間前、ボン・ジョヴィの殿堂入りを祝し、同州で4月14日を"ボン・ジョヴィ・デー"とすることが発表された。

Ako Suzuki

最終更新:4/15(日) 13:35
BARKS