ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「春の嵐」は東日本~北日本へ 北海道では雪

4/15(日) 5:36配信

ウェザーニュース

 今朝は、東日本や北日本を中心に雨が降り、東海エリアで雨風ともに強くなっています。三重県伊賀市上野で1時間27.5mmの雨が観測されるなど、雨の強いエリアでは、1時間30mm前後の激しい雨となっています。

 昨日、西日本に強い雨や風をもたらした「春の嵐」は、東日本や北日本に移ります。北海道は「なごり雪」。道北や道東で季節外れの積雪の恐れがあります。交通機関への影響にご注意ください。

 日本海の低気圧は、発達しながら東へ進み、東北北部から北海道の南岸付近を通過していきます。このため、北海道は湿った雪や雨が降り、道北や道東で季節外れの積雪が予想されます。道東の多い所で20~30cmの積雪の恐れがあります。

 東北や関東甲信、北陸や東海は雨や風が強く、1時間に30mmを超える激しい雨が降る恐れがあり、雷や突風にも注意が必要です。午後は、太平洋側で天気は回復し、日差しの届く所もありますが、日本海側は、上空に流れ込む寒気の影響で、午後も冷たい雨が降りそうです。

 また、沖縄も前線が通過した後も、冷たく湿った北風が吹きつけ、にわか雨の可能性があります。

 西日本は、午前中を中心ににわか雨がありますが、天気は回復し、午後はお出かけを楽しめる天気となりそうです。

 強風にも注意が必要です。東日本や北日本の沿岸を中心に風が強く、東海や関東、東北の太平洋側などは、瞬間的には風速25m/sを超える暴風の恐れもあります。鉄道や飛行機、橋の通行規制など交通機関への影響にご注意ください。

 日中は、南風が強い関東や東北で気温が上がり、4月下旬から6月上旬並みの暖かさとなりますが、夜は全国的にも北風が強まり、寒くなります。昼夜の寒暖の変化で体調を崩さないようご注意ください。

ウェザーニュース