ここから本文です

関東などー強い雨風で交通機関に影響も、昼頃まで注意(15日6:30現在)

4/15(日) 6:37配信

ウェザーニュース

発達した低気圧と前線が日本海を通過中、強い雨が降っていて関東では沿岸部中心に強い風が吹いており、交通機関に乱れが発生しています。

今朝は、東日本や北日本を中心に雨が降り、東海エリアで雨風ともに強くなっています。三重県伊賀市上野で1時間27.5mmの雨が観測されるなど、雨の強いエリアでは、1時間30mm前後の激しい雨となっています。

また、雨が降っていない千葉や東京の沿岸部でも暴風が吹いており、東京都江戸川臨海で27.5 m/s(5:46)、千葉県勝浦では25.7 m/sを記録(4:55)

JR京葉線は、ダイヤが乱れている他、JR内房線は、佐貫町と館山の間で始発から上り下りとも運転を見合わせています。また道路も東京湾アクアラインで午前4時すぎから通行止めになっています。(6:30現在)

昼頃までが雨風のピーク

この強い風は、昼頃までがピークの予想で、東海や関東、東北の太平洋側などは、瞬間的には風速25m/sを超える暴風の恐れもあります。

東海~東北にかけての広い範囲で雨も強くなる予想で、1時間に30mmを超える激しい雨が降る恐れがあり、雷や突風にも注意が必要です。

引き続き鉄道や飛行機、橋の通行規制など交通機関への影響にご注意ください。

ウェザーニュース