ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ライダー驚愕の価格、ドライカーボンのメットが3万円台!?

4/15(日) 20:15配信

投信1

現在、国内で二輪車を運転するにはヘルメットの着用が義務付けられている。原付きはノーヘルがOKな時代もあったが、自身の安全を守るためにもヘルメットは必須アイテムだ。オートバイ用のヘルメットメーカーとしては、日本企業のアライとショウエイが世界のトップブランドとして競い合っている。

ウインズジャパンのヘルメットの写真を見る

ヘルメットの素材としてはFRPを使ったものが多いのだが、高い強度と弾性を持ったドライカーボンとケブラーを使ったヘルメットも存在している。それが2009年に金沢で誕生したウインズジャパンの「A-FORCE」シリーズだ。

「A-FORCE」はMFJ公認で1,250g(±50)というクラス最軽量を誇り、希望小売価格は3万3000円という低価格で販売している。「A-FORCE RS」はインナーバイザー付きで、3万9000円とどちらもリーズナブルだ。

カーボン製のヘルメットはメリットが多いのだが、高額なため販売しているメーカーは少ない。例えばOGKのブランドKabutoの「RT-33R MIPS FLOW(6万2000円)」は、MFJ公認とはいえかなりの価格差がある。

ちなみにアライからは「GP-6RC(48万円)」という、F1をはじめとするトップカテゴリーレースで義務付けられている、FIA8860-2004規格に適合したヘルメットもあるが、これは別格。

低価格のドライカーボンのヘルメットが作れた理由とは

低価格を実現できた理由を「モーターサイクルショー2018」に出展した、ウインズジャパンの石川哲治技術部長に伺った。「安く提供できたのには、3つの理由があります。まず、中国の工場で作っていること。曇り止めシートを自社開発したこと、帽体(シェル)のサイズを統一させたことです」

まず、最初の理由の中国製で気になるのは安全性だろう。ウインズジャパンのヘルメットは、企画立案は日本で行なっていて、すべてのヘルメットが全排気量対応のSG規格とPSCの2種類を取得している。「A-FORCE」はMFJ公認のレースにも対応していて、安全基準はしっかり満たしている。

ちなみにヘルメットを純国産で生産しているのはアライとショウエイくらいで、日本メーカーのOGKや、米国のBELL、SIMPSON、イタリアのAGVなども、ほとんどがメイド・イン・チャイナだという。

1/3ページ

最終更新:4/15(日) 20:15
投信1