ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大空襲にも耐えて・・・和歌山県庁舎の見学会

4/15(日) 12:44配信

ABCテレビ

ABCテレビ

戦前に建設され、大空襲にも耐えた和歌山県庁舎が、きょう竣工から80周年を迎え、記念見学会が行われました。

和歌山県庁舎は、1938年に竣工され、鉄筋コンクリート造り4階建てで、当時としては、最先端の構造と設備を備えた建物です。今年、建設80年の節目で、県民に庁舎の歴史を知ってもらおうと、見学会が開催されました。見学は、午前中2回で、見学者は知事室や議場などを訪問しました。見学者は「議場と上のところが吹き抜けになっていたのがすごくきれいだった」と話していました。庁舎は、終戦直前、市内が戦火に見舞われた大空襲の被害を免れ、国の登録文化財に指定されています。

ABCテレビ

最終更新:4/15(日) 12:49
ABCテレビ