ここから本文です

トヨタ社長が新入社員に説いた「まず3秒」の意味

4/15(日) 10:16配信

ニュースイッチ

がむしゃらに働くことを継続するために

 「一生働いていく中では、ペース配分がある」と語るトヨタ自動車の豊田章男社長。2275人の新入社員に向けて、まず「がむしゃらに働く」ことの重要性を説く。

 それは今が「両思い」だから。「自分たちが希望していた会社に入り、会社も若い戦力、新しい考え方に期待している」という環境で仕事の基本を身につけ、楽しさを知ってほしいと願う。

 ただ、仕事には辛いことがつきもの。「3秒、がむしゃらに働く気持ちでやってごらんと言うとみんなできる。それを続けてくれれば良い」と愛情を注ぐ。

最終更新:4/15(日) 10:16
ニュースイッチ

Yahoo!ニュースからのお知らせ