ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

有名な「猫寺」に大型犬、猫の中でのんびり 「仏の教えのよう」

4/15(日) 10:12配信

sippo

 福井県越前市に、「猫寺」として全国に知られるお寺「御誕生寺(ごたんじょうじ)」がある。曹洞宗の禅寺で、御年91歳の板橋興宗住職が、2002年に段ボールに入っていた捨て猫4匹を保護したところ、数十匹の猫が集まるようになった。現在も30匹近くの猫が自由気ままに過ごしている。この冬、この「猫寺」に、なんと犬が仲間入りした。

【写真特集】御誕生寺の猫たちとアンディー

  北陸自動車道を、武生インターチェンジで下り、およそ10分。坂道を上ったところに御誕生寺がある。猫の姿が見えると、スピードを緩め、けがをさせないよう慎重に運転した。仏像と仏像の間に猫が座っており、猫を描いた看板も掲げられている。駐車場には全国各地のナンバーの観光バスや、乗用車。愛知県から来た若い女性ツアー客に聞くと、「御誕生寺は福井観光の目玉」だとのこと。猫好きにとっては、外せない観光スポットだ。

 境内では十数匹の猫が思い思いの場所で過ごしていた。どこからか観光客の声が上がった。「あれ! 犬もいるよ」

 声の先には、ゴールデンレトリバーのアンディー(オス、2歳)が、行儀よくお座りして、出迎えていた。猪苗代昭順副住職によると、関西盲導犬協会から託されたそうだ。アンディーは盲導犬に適していないと判断され、キャリアチェンジした。昨年11月末から、ここ御誕生寺で「第二の人(犬)生」を送っている。

 アンディーは盲導犬として訓練を受けていたため、人懐っこいが、おとなしく、むやみに鳴かない。近づくと、そーっと足元に寄ってきて、鼻を擦り付ける。なでると、うれしそうに尻尾を振る。跳び上がって喜んだり、急に駆け出したりしないので、子どもが近づいても安心だ。子ども時代に犬を飼っていた猪苗代副住職はアンディーをかわいがっており、アンディーも副住職が好きなのか、まとわりついている。猫たちともうまくやっているようだ。

「アンディーと猫の距離感はさまざまです。擦り寄っていく猫もいれば、遠くで見ているものもいます。彼らは適度な距離を保ち、うまく付き合って、仲良くやってくれています」

1/2ページ

最終更新:4/15(日) 10:12
sippo