ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ノルウェーの版画家が阿波和紙で創作 徳島・吉野川市に滞在、作品展

4/15(日) 15:03配信

徳島新聞

 ノルウェーの版画家プレスティガード・エリーさん(67)が、吉野川市山川町の阿波和紙伝統産業会館に約1カ月間滞在し、和紙作品を制作した。4月22日まで、山川町久宗の醫光(いこう)寺で作品の一部を展示している。

 地球から微生物まで自然をテーマにした抽象的なデザインを、型枠やたこ糸、コウゾの繊維などを使って和紙に染色し、カラフルに描いた。大きめの和紙(縦76センチ、横56センチ)に空が映った水面や植物の生命力を表現した作品もある。

 プレスティガードさんは10年ほど前、独特の風合いや加工に優れた阿波和紙の魅力に引かれた。本場の和紙会館で創作活動に励むため、同館の「ビジティングアーティスト」事業を使って3月上旬に来県。これまでに40点以上を仕上げた。

 和紙会館は作品を地元住民らに見てもらおうと、醫光寺に依頼。寺の喫茶スペース「お寺カフェ」に10点ほど飾っている。

 プレスティガードさんは今月中旬に帰国。「伝統ある工房で念願の創作活動ができ、精神的にも充実して取り組めた。多くの人に楽しんでもらえればうれしい」と話している。

最終更新:4/15(日) 15:03
徳島新聞