ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大東駿介が撮影で出会ったオススメの場所 TOP3!

4/15(日) 11:04配信

TOKYO FM+

2018年5月12日(土)から始まる舞台「ハングマン」に出演される大東駿介さんが、2018年4月14日(土)、TOKYO FMの番組に生出演。
ゲストの意外な一面がのぞける名物コーナー「ゲストの〇〇チャート TOP3!」では、「撮影で出会ったオススメの日本 TOP3!」を発表しました。

【第3位 広島県尾道市】

「映画の撮影で広島県の尾道に1ヶ月近く滞在させてもらったんですけど、尾道というところは駅の前の坂道に古民家がバーッと並んでいるんですよ。
そこは車が入れないんで、建て直しも出来ないんですね。本当に綺麗な町並みなんですけど、空き家が増えちゃってて……。
尾道出身の元キャビンアテンダントの女性が、『世界の色んなところを見て来たけど、この町並みは守らなきゃいけない』ってことで、古民家再生プロジェクトを立ち上げて、古民家を好きな人たちを集めて自分たちの力で古民家を建て直す、という作業をしているんです。
古い建物は残しているんだけど、リノベーションして宿にしたり、カフェや遊び場にしたりしてるんです。それがとても美しくて面白かったですね」


【第2位 愛知県犬山市】

「今、公開中の映画『曇天に笑う』の撮影で行ったんですけど、僕、岡本太郎が大好きで!
休みの日はだいたい岡本太郎ミュージアムに行くんです。その中で一番好きなのが、『若い太陽の塔』っていう作品なんです。
この作品は、『太陽の塔』の1年前に作られた作品なんですけど、犬山市にある犬山モンキーパークの丘の上にこの作品が建っているんです。
エネルギッシュで、本当に素晴らしいんです。オススメですね!」


【第1位 栃木県那須烏山市】

「これも結構長期に滞在していた場所で、映画自体も那須烏山市の魅力を考えるっていう映画だったので、自分でも調べたんですけど、暖かい時期にアユ漁があるんですよね。
『やな』っていう特別な漁の仕方があって、それがめちゃくちゃ面白いんです! 川の中に竹で作った網の坂道みたいなもの作ってそれを朝方につけて、川を流れて来たアユが勝手に引っかかって獲れるんですよ。
見学に行ったんですけど、アユがピチピチ跳ねている状態で、それを見ているだけでも面白かったですね!
僕、日本の伝統的なお祭りも大好きなんですけど、『山あげ祭』というお祭りは、道の真ん中で大きな山の絵が描かれた5メートルくらいある板をみんなであげるんです。
その絵の前で歌舞伎をやるんですよ! めちゃくちゃ面白いですね!」

(大東駿介さんは2018年4月14日(土)、TOKYO FMの番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」に出演しました)

最終更新:4/15(日) 11:04
TOKYO FM+