ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

西武初完投は多和田!1失点で開幕3連勝 “右のエース”で雄星と両輪

4/15(日) 11:01配信

西日本スポーツ

◆楽天1-5西武(14日・楽天生命パーク)

 今季チーム一番乗りの完投勝利で1日遅れのバースデーを祝った。多和田は持ち前の重心の低いフォームから放たれる浮き上がるような直球を軸に、楽天打線を抑え込んだ。112球、被安打4の1失点で無傷の3連勝。前日の13日に25歳になった右腕は、昨年8月19日の日本ハム戦以来の完投勝利に「直球が良かったので、どんどん押していけた」とうなずいた。

【写真】山口もえ似の妻とのツーショット似顔絵を手にする西武・多和田

 この日の最速146キロながら切れは抜群。27のアウトのうち15を内野ゴロでとった(1併殺を含む)。開幕前から時間を見つけては、ブルペンでボールを持たずにゆったりした動きで投球動作を反復。下半身で主導するフォームの意識付けに加え「体のキレも出ている」と効果を語る。

 変化球の選択もさえた。「(スライダーが)良くなかったので、フォークを増やした」。4点リードの8回に1点を返され、なお2死二、三塁のピンチでは、そのフォークで代打渡辺直を空振り三振に仕留めた。

 昨季の初勝利は7月で、今季は既に3勝。チームも3連勝に導いた。同じ3勝の左腕菊池に続く“右のエース”候補として期待する辻監督は「昨年の今頃は戦力ではなかったけどねえ。自信を持ってやってくれたら」と成長を喜ぶ。出番が多かった救援陣も一息つけた。開幕前は層の薄さが懸念された先発陣で、多和田がひときわ光っている。

西日本スポーツ

最終更新:4/15(日) 11:01
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 20:00