ここから本文です

北~東日本 15日夜にかけて引き続き強風に注意 週後半は季節外れの暑さに

4/15(日) 16:47配信

ウェザーマップ

 発達した低気圧の影響で、北日本や東日本では15日(日)夜にかけて風の強い状態が続く見込み。また、週の後半にかけては南から暖かな空気が流れ込み、西日本や東日本を中心に6月から7月並みの暑さになる予想で、急な暑さに注意が必要だ。

北~東日本では引き続き強風などに注意を

 15日(日)は日本付近を低気圧が発達しながら通過した影響で広い範囲で風が強まり、荒れた天気となった。昼前には千葉市で29.6メートルの最大瞬間風速を観測するなど、春の嵐に見舞われた。全国的に見ると、風の峠は越えてはいるものの、15日夜にかけても北日本や東日本を中心に風の強い状態は続く見込みで、北海道では湿った雪が降る所もありそうだ。強風や高波、ふぶきなどに注意が必要となる。

週の後半は今年初の真夏日の可能性

 16日(月)日中にはほとんどの地域で風も弱まり、全国的に穏やかに晴れる所が多い見込み。気温も関東から西では20℃前後まで上がり、過ごしやすい陽気になりそうだ。ただ、週の後半にかけては南から暖かな空気が流れ込み、季節外れの暑さになるおそれがある。特に、金曜日以降は西日本や東日本の広い範囲で25℃を超え、内陸を中心に局地的には30℃以上の真夏日になる可能性もある。体調管理や農作物などの管理にはこれまで以上に注意が必要だ。(気象予報士・佐々木聡美)

最終更新:4/15(日) 16:59
ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ