ここから本文です

米英仏の攻撃受けがれきと化した建物 シリア

4/15(日) 10:08配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【4月15日 AFP】シリアが米英仏による攻撃で損壊したと主張する、首都ダマスカス北部バルゼ(Barzeh)地区にある科学研究センター(Syrian Scientific Studies and Research Centre)。14日撮影。

 米英仏は、シリア反体制派が支配する町、ドゥーマ(Douma)に対して同国政府軍が化学兵器を使ったとし、14日未明に報復として首都ダマスカスなどを攻撃した。(c)AFPBB News

最終更新:4/15(日) 10:08
AFPBB News