ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

関ジャニ・渋谷が脱退、事務所も退所へ 会見でメンバー涙「すばるに負けないように」

4/15(日) 12:00配信

スポーツ報知

 人気グループ「関ジャニ∞」が15日午前、都内で会見し、リードボーカルの渋谷すばる(36)が18年末をもってジャニーズ事務所を退社することを発表した。5月30日発売の5年半ぶりのベストアルバム「GR8EST(グレイテスト)」が7人の関ジャニ∞としての最後の作品。7月15日に始まる5大ドームツアーからは6人体制で臨む。

【写真】安田を除く6人で会見した関ジャニ∞

 会見で渋谷は「このたびジャニーズ事務所を辞めさせていただくことになりました。メンバーや、関ジャニ∞に関わっている全ての方々、応援してくれた方々に申し訳ないと思っています」と神妙な表情で報告。事務所によると今年2月15日、渋谷から「音楽を追究するために海外を拠点に生活していきたいので事務所をやめたい」と申し入れがあった。グループ15周年を前にしての突然の決断に、メンバーやスタッフは揺れ、必死で慰留したが決意は固かったという。

 渋谷は脱退、退所の理由として「36歳、人生の残り半分と考えたときに今までジャニーズ事務所、関ジャニ∞に守られ支えられ、甘えさせてもいただきました。しかしこの先は自分の責任だけで人生を音楽で全うするべく、海外で学びながら追求していきたい」と告白。英語圏での留学を検討しているという。一部では「グループのバラエティー路線を嫌った」などと報じられていたが「責任をもって否定させていただきます」とした。

 会見には自宅で転倒し、自宅療養中の安田章大(33)を除くメンバー全員が出席。横山裕(36)は涙ながらに「今日という日が来ないでほしかった」と語りつつも「下を向いていてはいけない。すばるに負けないように全力で前を向いていきたい」と盟友の背中を押した。

最終更新:4/15(日) 17:53
スポーツ報知