ここから本文です

エマ・ワトソン「男性のために自分を低く見せることほど悲しいことはない」

4/15(日) 22:30配信

ELLEgirl

本日4月15日(現地時間)に28歳の誕生日を迎える女優エマ・ワトソン。映画『ハリーポッター』シリーズのハーマイオニー役で大ブレイクし、終了後も女優として大躍進。一方で、国連の親善大使として“He For She”キャンペーンを推進し、女性の権利を訴え続けている。そんな彼女が2014年9月、国連で行ったスピーチは、新たなフェミニズムムーブメントのきっかけに。バースデーをお祝いして、これまでエマが声高に放ったフェミニズムに関するインスピレーショナルな3の言葉をピックアップ。

【写真】才色兼備の代表格!エマ・ワトソンのファッション変遷

「男性のために自分を低く(アホっぽく)見せることほど悲しいことはない」

“The saddest thing for a girl to do is to dumb herself down for a guy. ”

「フェミニズムは“女性の方が男性より優れている”という話ではない。“皆に平等な機会が与えられるべきだ”ということ」

“This isn’t just, ‘girls are better than boys, boys are better than girls.’ This is just, ‘everyone deserves a fair chance.’”

「自分が何者かでない限り、意見する権利がないと思っていませんか? あなたも人間です。あなたにだって必ず世界は変えられます。小さな一歩にこそ価値がある。勇気を持って

“Don’t you ever hear in your head ‘who am I to say something’? You are a person. You can 100 percent change the world. It’s the little things that count. Be brave. ”

最終更新:4/15(日) 22:30
ELLEgirl

Yahoo!ニュースからのお知らせ