ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

春を告げる鳥、ヤツガシラ飛来 宮古島

4/15(日) 13:48配信

宮古毎日新聞

 春を告げるヤツガシラ(ヤツガシラ科)がこのほど、宮古島の平良狩俣地区で確認された。世界で一科一種の珍鳥。


 ヤツガシラは東南アジアなどで冬を過ごし、中国などで繁殖する。毎年春・秋の渡り時期には宮古島に立ち寄る常連の旅鳥。


 雌雄ほぼ同じ色。黒くて細長いくちばしは下に曲がっている。頭部や背、胸は橙褐色。翼と尾の黒褐色と白色の模様が目立つ。成鳥は全長28センチ。


 頭の冠羽は通常は閉じている。急に驚いたり緊張したり、降り立った時には冠羽は扇状に開く。その時の姿は凜々しい。

最終更新:4/15(日) 13:54
宮古毎日新聞