ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「楽しいことしかなかった。一人じゃなかったですから」…渋谷すばる会見での一問一答

4/15(日) 13:25配信

スポーツ報知

 人気グループ「関ジャニ∞」が15日午前、都内で会見し、リードボーカルの渋谷すばる(36)が18年末をもってジャニーズ事務所を退社することを発表した。5月30日発売の5年半ぶりのベストアルバム「GR8EST(グレイテスト)」が7人の関ジャニ∞としての最後の作品。7月15日に始まる5大ドームツアーからは6人体制で臨む。

【写真】感極まったような表情を見せる渋谷すばる

 ◆渋谷すばるに聞く

 ―具体的にどんな音楽を目指したいか。いつ頃、何がきっかけで決断したか

 考え始めたのは35歳を過ぎたあたりから。年齢的なタイミングで。人生半分ぐらい来たのかな、とぼにゃりと考え始めたのが最初です。自分の中で意思が固まったと感じたのは、今年の1月あたり。意思が固まった以上は、なるべく早くお伝えしないと、ご迷惑が大きくなってしまうのでこのタイミングになった。音楽をちゃんと勉強したことがない。音楽の学校なのか、そういう所に行って学びたい。

 ―関ジャニ∞にいては、できないことだったか

 音楽の学校に通うことですかね。できる、できないで言えば、できなくはないと思います。

 ―辞める決断には特別な思いがあったか

 音楽が好きで活動してきた。ここ最近は、グループとしても個人としても音楽の活動をたくさんさせて頂きました。自分としては、すごく命懸けでやらせて頂いたつもり。その経験があったからこそ、ここから先の人生は自分だけの責任でどこまでやれるか―に懸けてみたいと思いました。

 ―脱退を決断するきっかけになった活動は

 これがきっかけというのはないですが、最近の音楽活動があった上で、自分の中では、21年間が全て(で決断した)という感覚です。いろいろな音楽活動をさせて頂けたのが、自分の中では大きいです。

 ―バラエティー番組出演が嫌だったという報道もあったが

 責任を持って、否定させて頂きます。

 ―関ジャニ∞の存在は

 自分の中では、大切で大きい存在。家族より長い時間を共に過ごしてきた人たち。中途半端な覚悟や中途半端な思いでは、何一つできない。何をするにも全員、命懸けで取り組んできたからこそ今がある。自分もその経験があったから、今回の決断に至った。(メンバーには)心からの感謝と、心からの申し訳ない気持ちです。

 ―21年間のジャニーズ事務所での経験を振り返って

 いろいろな経験をさせてもらった。15歳からの21年間、多感な時期も含めて。ジャニーズという所でお仕事をさせて頂いて、自分という人間が作り上げられてきた。そうですね…。感謝しかない。ジャニーズ事務所、関ジャニ∞で活動させて頂けたことは自分の誇りでしかない。今後の人生も、感謝と誇りを胸に生きていきたい。

1/2ページ

最終更新:4/15(日) 17:52
スポーツ報知