ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

『人の駅』5月にも開始 猪苗代の廃校舎、教育旅行など活用へ

4/15(日) 10:41配信

福島民友新聞

 統合で廃校になった猪苗代町の旧山潟(やまがた)小校舎を教育旅行の受け入れ先や民間のシェアオフィスとして活用する「人の駅」が早ければ5月上旬にも運営開始となる。町から校舎を借りて運営するNPO法人「ばんだい2000」は14日、校舎を視察した。
 地方への人の流れを促し交流人口の拡大を目的とした事業で、町は内閣府の地方創生拠点整備交付金を利用し旧校舎を改修。校舎1階は体験スペースや簡易宿泊所として教育旅行・合宿などの受け入れを目指す。2階はWi―Fiなどインターネット環境を整備し四つの教室を民間企業などに貸し出すシェアオフィスとして改装した。1、2階ともシャワーを完備しており、校庭も整地すればスポーツ合宿に対応できる。

福島民友新聞

最終更新:4/15(日) 10:41
福島民友新聞