ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

魅力あふれる表情「中ノ沢系」こけし360点 福島・西田記念館

4/15(日) 10:32配信

福島民友新聞

 福島県福島市荒井の「原郷のこけし群西田記念館」で7月31日まで、企画展「異色の表情―『中ノ沢系』こけし展」が開かれ、中ノ沢温泉(猪苗代町)で誕生した中ノ沢こけし約360点が来場者を楽しませている。
 中ノ沢こけしは、大きく見開いた目の周りが赤いのが特徴で、「たこ坊主」の愛称で親しまれている。これまで土湯系の亜流とされてきたが、中ノ沢系として分類するよう意見が出されるなど注目が集まっている。
 時間は午前9時~午後5時(入場は同4時30分。最終日は正午)。入館料は一般300円、中学生以下無料。

福島民友新聞

最終更新:4/15(日) 10:32
福島民友新聞