ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

西武ウルフが初回に緊急降板… 泣きっ面に蜂、右腕の異常訴え降板、8失点

4/15(日) 14:15配信

西日本スポーツ

 ◆楽天-西武(15日・楽天生命パーク宮城)

 首位西武の先発ウルフが、1回をもたずに緊急降板した。初回にマウンド上で右腕を気にするしぐさを見せ、わずか26球で小石と交代した。

【写真】西武・武田とレスリングするウルフ

 立ち上がりから楽天打線に捕まり、岡島に3ランを献上するなど7安打を許して8失点と炎上。1死一、二塁で、初回2度目の対戦となった茂木に2球目を投じた後に異変を訴えて、トレーナーに付き添われベンチに退いた。

 開幕ローテーション入りしたウルフは、この試合前まで2試合に先発して1勝0敗、防御率1・50。ここまで好調な西武の先発陣だが、選手層は決して厚くないだけに、気がかりな降板劇ともなった。

西日本スポーツ

最終更新:4/15(日) 16:04
西日本スポーツ