ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

松坂桃李、長時間の濡れ場撮影で体力消耗を嘆く「本当に風邪ひくかと」

4/15(日) 18:42配信

AbemaTIMES

 映画『娼年』のトークイベント付き女性限定上映会が4月15日、都内で開催され、主演の松坂桃李が登壇。同作で数多くの濡れ場シーンに挑んだ松坂が、撮影時の苦労を語った。

 4月6日より全国公開中の映画『娼年』は、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ、石田衣良の同名恋愛小説を映画化。松坂演じる大学生の森中領が、娼夫「リョウ」として仕事をしていく中で、女性1人1人が心の奥底に抱く欲望の不思議さ、奥深さに気づき、やりがいを見つけていく姿を描く。

 上映後のトークイベントに登壇した松坂は、会場を埋め尽くす女性客の姿を見ると「これはたまげますね。けっこうアウェイ感が」と圧倒された様子。マスコミ関係者の男性に目をやり、「唯一の救いはマスコミの方たち」と笑顔を見せた。

 同作でメガホンを取った、三浦大輔監督のこだわりについて問われると、「撮影的なことで言うと、三浦さんはお芝居がうまい」と松坂。現場では男性・女性役問わず、セックスシーンの動き方や喘ぎ声を三浦監督が実演して見せ、演技指導を行ったという。その様子を松坂は「すごいシュールですよ。笑う人いないのかな、みたいな。僕と三浦さんが合体している感じ…(笑)」と振り返った。

 さらに、ストーリーが進むにつれ「だんだん体が絞れている」との指摘をMCから受けると、松坂は「撮影の辛さのあまり、体がそうなりましたね」と苦笑い。「濡れ場をそんな長時間やることなかなかないんで。やるもんじゃないですよ」と、稀に見る長時間の撮影を明かし、「ずっと裸なので、本当に風邪ひくかと。服着させてくれって感じになっていました」と、ハードな撮影を嘆いた。撮影中は「ホテル帰って、寝て、朝バナナ食べて、服脱いで、体動かして汗かいて、お風呂入って寝て…」という生活を繰り返す日々だったという。

 トークイベントの最後、松坂は「スタッフさんに聞いたところ、『娼年』と『コナン』を一緒に観る人が多いそうです」と意外な事実を報告。「色々な層の方が観てくださるのは嬉しい」と喜びを語りつつ、「こちらは頭脳も体も大人の男が、色々な事件に巻き込まれますけど(笑)」と『コナン』に『娼年』のストーリーを重ね合わせ、会場の笑いを誘っていた。

テキスト・写真:水野梨香

最終更新:4/15(日) 18:42
AbemaTIMES