ここから本文です

デジタルネイティブ世代は、地球の裏側の相手に恋をする『きみへの距離、1万キロ』

4/15(日) 6:30配信

ニッポン放送

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。

シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。今回は、4月7日公開の『きみへの距離、1万キロ』を掘り起こします。

ロボットがつなぐ運命の出会い、ピュアすぎるラブストーリー

デジタル機器やインターネットの普及によって、人との出会い方やコミュニケーションの方法が多種多様となった現代。いつでも何処でも誰とでもつながることが出来る日常が当たり前となっている“デジタルネイティブ”世代に向けた、新感覚なラブストーリーが誕生しました。

第74回ヴェネツィア国際映画祭においてヴェネツィア・デイズ部門フェデオラ賞を受賞し、批評家たちから大絶賛を受けた『きみへの距離、1万キロ』。ロボットがつなぐ運命の出会いをプラトニックに描き出します。

あらすじ
「北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプライン。地面には6本足のクモ型ロボットが動き回り、24時間、石油泥棒の監視をしている。そこから遥か1万キロ離れたアメリカ・デトロイトでロボットのオペレーターをしているゴードンは、恋人と別れたばかり。“運命の人”と思い込んでいた彼女との破局に深く傷つき、誰も信じられず、次の恋にも進めずにいた。ある日、ゴードンは監視ロボットを通じて若く美しい女性アユーシャと出会う。彼女には恋人がいるが、親からは別の男性との結婚を強要されていた。なんとかアユーシャを助けたいと思ったゴードンは、思わぬ行動に出る…。」

地球の反対側で暮らしながらロボットを介して出会い、直接会うことも触れ合うこともないまま運命に導かれていく…という、これまでの映画にはない斬新なアイデアが光る本作。一度は絶望した人生に希望の光を見出そうとする男と、命の危険を冒してまでも自らの人生を切り開こうとする女性。それぞれの“願い”が交錯するストーリーは、ピュアすぎるぐらいピュアで、情感豊かに紡がれています。

しかもラブストーリーに乗せて、テクノロジーの持つ無限の可能性を伝えると同時に、どんなにテクノロジー化が進もうとも人が決して失ってはいけない心の優しさや、触れ合うことでしか得られない温もりの大切さに改めて気付かせてくれる…というのも、心憎い限りです。

1/2ページ

最終更新:4/15(日) 6:30
ニッポン放送