ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

グリーズマンの活躍秘話、“始まりの夜”とは...

4/15(日) 21:19配信

SPORT.es

アントワーヌ・グリーズマンは今や世界有数の選手だ。
このフランス代表FWは世界でも類まれな才能を持ち、W杯ロシア大会におけるフランス代表の最も手ごわい選手たちの一人でもある。

【ハイライト動画】バルサがリーガの連続無敗記録を更新!

グリーズマンは若くしてリーガにデビューし、当時の所属クラブはレアル・ソシエダだった。それ以来、年々成長を重ね、来季のFCバルセロナ加入が噂されている。

つい最近までグリーズマンのメンターだったエリック・オルアトが、メディア『SFRSport』のインタビューでグリーズマンの逸話を披露した。

「2005年4月の事。彼はまだ突出した選手では無かった。クラブ主催の重要なトーナメントがあり、彼にとっての大きなチャンスだった。私は練習中の彼を見ていた。彼は才能で溢れていて、筋肉もついており、もう活躍しない理由は無かった。しかし、私は一つの事に気が付いた。彼はいつもボールを奪い合う場面で駆けつけるのが遅く、ボールを奪うことができなかった。その時トーナメントまでもうわずかな時間しかなかった。」

「夜中に私はベッドで考えていた“こんなことではいけない、彼にはポテンシャルがある”私は飛び起きて、彼を連れ出した。いくつかの事を彼に説明し、一歩踏み出さなければと言った。自分の殻を破らなければならなかった。結果、彼はトーナメントで良いプレーをした。彼はいつも私にあの夜が始まりだったと語ったものだ。」

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:4/15(日) 21:19
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合