ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

サイモン&ガーファンクルの名曲に乗せて描く、ほろ苦い青春『さよなら、僕のマンハッタン』

4/15(日) 6:40配信

ニッポン放送

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。

シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。今回は、4月14日から公開の『さよなら、僕のマンハッタン』を掘り起こします。

名匠マーク・ウェブ監督が温め続けた青春ドラマ、ついに完成

ハリウッドでは“ブラックリスト”と呼ばれるものがあります。これは優秀ながらも未だ映画化されていない脚本を列挙したリストで、マーク・ウェブ監督がブラックリストを通じて本作の脚本に出会ったのは、センセーショナルなデビューを飾った『(500)日のサマー』を手がけるよりも以前のことでした。

ウェブ監督が映画化を熱望し、10年以上の歳月をかけてついに完成させた最新作、それが『さよなら、僕のマンハッタン』です。

あらすじ
「ニューヨーク、マンハッタン。大学を卒業して親元を離れたトーマスが一人暮らしをするアパートに、W・F・ジェラルドと名乗る中年男性が引っ越してくる。ちょっぴり風変わりな隣人と親しくなったトーマスは、やがて彼から人生のアドバイスを受けるように。そんなある日、想いを寄せる古書店員のミミと出かけたナイトクラブで、トーマスは父が愛人のジョハンナと密会する現場を目撃。ジェラルドの助言を頼りに、ジョハンナを父から引き離そうと躍起になるトーマスだったが、逆に彼女の底知れぬ魅力に溺れていき…。」

ニューヨークで暮らす青年が隣人との交流や恋愛、父親の不倫を経て成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。観る者に“大人でも子どもでもなかった”あの頃を思い出させてくれる、甘くもほろ苦い“青春”が詰まった一作です。

悩める主人公・トーマスを演じるのは、今秋公開となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』への出演も決定し、ますます注目を集める英国俳優カラム・ターナー。愛すべき隣人ジェラルド役にオスカー俳優のジェフ・ブリッジス、父親役にピアース・ブロスナン、愛人のジョハンナ役にケイト・ベッキンセールと華やかな顔ぶれが揃い、ノスタルジックで味わい深い青春映画が誕生しました。

1/2ページ

最終更新:4/15(日) 6:40
ニッポン放送