ここから本文です

新沼謙治、ライブで停電が復旧せず「質問コーナー」で時間稼ぎ!?

4/15(日) 8:01配信

ニッポン放送

歌手の新沼謙治が、ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(4月9日放送)に出演し、自身の忘れられない仕事について語った。

今回放送では、新沼に「人生で忘れられない営業ベスト3」というテーマでエピソードを語ってもらった。

第3位は…「真冬のバス移動」

青森での公演の後、仙台へバスで移動するのだが、外は大雪。夜までには着くはずが、雪の影響で着いたのは朝方。しかも、そのバスは廃車直前ラストランで設備はボロボロ。なんと、暖房が効かなかったという。車中なのに吐く息は白く、極寒の中での移動だったそうだ。

第2位は…「雷による停電」

長野県の山の頂上にあるような体育館で、本番中に雷が落ちて停電。真っ暗な中、マイクも使えないので咄嗟に、「みんなで『嫁に来ないか』を一緒に歌いましょ~」とアドリブで対処した新沼。しかし、合唱し終わっても電気は復旧しなかったため、「質問タイムいきま~す!」と、急遽質問の時間まで設けたとのこと。さんざんなハプニングだが、今思えばいい思い出だったと振り返った。

第1位は…「ちょっとした同窓会」

営業で全国各地をまわる新沼は、訪れた営業先で、学校卒業以来会ってなかった友達と再会することが何度かあったそうだ。わざわざ訪ねて来てくれる旧友との再会は、「どんな疲れも吹き飛ぶ」ぐらい嬉しいと語った。新沼が地元を愛するように、地元民も新沼を愛しているのだろう。

ニッポン放送

最終更新:4/15(日) 8:01
ニッポン放送