ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

旅の魅力感じて 大さん橋ホールできょうまで祭典

4/15(日) 7:04配信

カナロコ by 神奈川新聞

 日本最大級の船旅の祭典「クルーズスタイル2018横浜」が14日、横浜市中区の横浜港大さん橋ホールで開幕した。体験型の多彩なイベントで船旅の魅力を存分に感じることができる。15日まで、入場無料。

 クルーズスタイル横浜実行委員会の主催。3回目となる今年は、会場を東京から国内屈指のクルーズ港を誇る横浜に移した。

 美食の船として知られ、大さん橋に接岸中の大型客船「セレブリティ・ミレニアム」のバーテンダーが華麗な技を披露。シェフが200グラムのステーキ調理法を再現し、来場者が試食を楽しんだ。

 開会式典では国土交通省関東地方整備局や市の幹部、市議、同実行委の小此木歌藏名誉委員長がテープカット。ステージでは「新・観光立国論」を著したデービッド・アトキンソンさんが「新・クルーズ立国論」と題して講演した。

 15日も、客船で提供されるメニューを再現した食事やカクテルなどが有料で楽しめるほか、船会社や旅行会社がブースを出展する。午前10時~午後5時。