ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

1回戦プレビュー Part.6 キャバリアーズ×ペイサーズ/プレーオフ特別企画⑬

4/15(日) 14:05配信

バスケットボールキング

4月15日(現地時間14日)から、計16チームによる今シーズンの王座を懸けた激闘、「NBAプレーオフ2018」が幕を開けた。そこでバスケットボールキングでは、プレーオフ出場チームやシリーズ勝敗予想に加え、これまでのプレーオフにおける名シーンや印象的なシリーズ、ゲームなども順次お届けしていく。

<プレーオフ特別企画⑬>
ファーストラウンド プレビュー Part.6
クリーブランド・キャバリアーズ×インディアナ・ペイサーズ

■2017-18シーズン成績
キャバリアーズ>50勝32敗(イースタン・カンファレンス4位)
ペイサーズ>48勝34敗(イースタン・カンファレンス5位)

■2017-18シーズン直接対決戦績
ペイサーズが3勝1敗でリード

■キャバリアーズ

レブロンを軸に据えたオフェンス力が最大の武器

 キャリア15シーズン目の33歳、レブロン・ジェームズがけん引するキャブスは、オフェンス力を武器に50勝を積み重ねてきた。

 制限エリア内(リム付近)では68.5パーセントという高いシュート成功率を誇り、レブロンは総得点(2,251)のうち、約半分にあたる1,068得点(リーグトップ)を稼いだ。成功率もリーグ2位(75.2パーセント)と、アンストッパブルなスコアラーとして君臨。

 3ポイントシュートでは、リーグ6位の成功率(37.2パーセント)とリーグ3位の成功数(平均12.0本)をマーク。ケビン・ラブやカイル・コーバー、JR・スミス、ジョーダン・クラークソンといったスナイパーたちがリングを射抜くことで、破壊力のあるオフェンスを見せている。リーグ5位(110.6)というオフェンシブ・レーティングが、このチームの最大の強みとなっている。

 キャブスにとって不安材料なのは、2月のトレードでロースターを入れ替えたことによるプレーオフの経験不足とディフェンス。ジョージ・ヒルは83試合という豊富なプレーオフ経験があるものの、ロドニー・フッドは昨季ユタ・ジャズでプレーした11試合のみ。ジョーダン・クラークソンとラリー・ナンスJr.に至っては、今季がプレーオフデビューとなる。ラッキーボーイとして活躍できればいいのだが、思わぬスランプに陥ってしまうと、オフェンス力ダウンにつながるため、心配の種となっている。また、今季のディフェンス面における数字はリーグ下位レベル。特にペイント内における被フィールドゴール成功率がリーグ26位の58.0パーセントというのは、プレーオフを勝ち進むためには改善がマスト。

■ペイサーズ

1/2ページ