ここから本文です

1回戦プレビュー Part.7 サンダー×ジャズ/プレーオフ特別企画⑭

4/15(日) 18:33配信

バスケットボールキング

4月15日(現地時間14日)から、計16チームによる今シーズンの王座を懸けた激闘、「NBAプレーオフ2018」が幕を開けた。そこでバスケットボールキングでは、プレーオフ出場チームやシリーズ勝敗予想に加え、これまでのプレーオフにおける名シーンや印象的なシリーズ、ゲームなども順次お届けしていく。

<プレーオフ特別企画⑭>
ファーストラウンド プレビュー Part.7
オクラホマシティ・サンダー×ユタ・ジャズ

■2017-18シーズン成績
サンダー>48勝34敗(ウエスタン・カンファレンス4位)
ジャズ>48勝34敗(ウエスタン・カンファレンス5位)

■2017-18シーズン直接対決戦績
サンダーが3勝1敗でリード

■サンダー

昨年以上の結果をプレーオフで残せるか?

 今季のサンダーは、ポール・ジョージ、カーメロ・アンソニーという頼れるスコアラーを獲得したものの、やはりラッセル・ウェストブルックのチームだった。

 カーメロはシーズンをとおしてショットの精度に苦しみ、ジョージもオールスター以降はシュートスランプに陥ってしまったことで、ウェストブルックによる獅子奮迅の働きがプレーオフ出場へと導いたと言っても過言ではない。

 そんな中、1月下旬にアンドレ・ロバーソンが戦線離脱後、3月上旬にベテランのコーリー・ブリュワーが加入。3月9日(同8日)のフェニックス・サンズ戦で先発シューティングガードに入ると、シーズン終了までの16試合で11勝をマーク。サンダー加入後のブリュワーは平均10.1得点2.1スティールを記録し、サンダーを勢いに乗せた。

 今季はオフェンシブ・レーティングでリーグ10位(107.6)、ディフェンシブ・レーティングではリーグ9位(104.2)を記録。昨季リーグ最下位(32.7パーセント)に終わった3ポイントシュート成功率が今季はリーグ24位の35.4パーセントに微増したものの、攻防両面において、大幅な上昇もなければ、下降することもなかった。これは、ウェストブルックの下、ジョージやカーメロ、ブリュワーがフィットしたということができるだろう。昨年のプレーオフ1回戦ではヒューストン・ロケッツに1勝4敗で敗退しているため、大型補強の成果をプレーオフで見せ付けたいところ。

■ジャズ

1/2ページ