ここから本文です

【MLB】元Gマイコラスが7回1失点で今季2勝目 カギはカーブ「バランス崩せた」

4/15(日) 8:22配信

Full-Count

7回を投げて83球、失点は5回のソロ被弾のみ

 昨季まで巨人でプレーしたカージナルスのマイルズ・マイコラス投手が14日(日本時間15日)、敵地でのレッズ戦で今季2勝目を挙げた。7回を投げて1被弾を含む4安打4奪三振2四球で1失点(自責1)の好投を披露。7回こそ1イニングに18球を擁したが、83球という省エネ投法でチームを3連勝に導いた。

【動画】「ラッキーな一振り」…“強打”で自身を援護! MLB復帰初登板に臨んだマイコラスが魅せた豪快弾!

 今季3度目の先発マウンドに上がった右腕は、味方打線が1点を先制した初回からレッズ打線を寄せ付けず。2回に1四球を与えたが、4回2死でガーネットに左翼へヒットを許したのが、この日初安打。5回先頭バーンハートにソロ弾を浴び、1点を失ったが、味方守備と打線にも助けられながら、危なげなく7回を投げきった。

 地元テレビ局「FOXスポーツ・ミッドウエスト」によれば、マイコラスは試合後「いいピッチングができた。守備に助けられた」と振り返った。同時に、この日のカギとしてカーブについて尋ねられると「打者のバランスを崩すことができた。ここかしこで自分をミスから救ってくれた」と話した。

 マイコラスはこれで今季負けなしの2勝目。日本からの逆輸入右腕が着実に結果を残している。

Full-Count編集部

最終更新:4/16(月) 17:56
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(金) 4:55