ここから本文です

巨人、9回の猛追実らずセ最速10敗目 上原また背信3失点 広島は菊池連発

4/15(日) 17:20配信

Full-Count

7回に登板した上原は菊池に勝ち越しソロを浴びるなど3失点

 巨人が痛恨の逆転負けで再び連敗となった。15日、本拠地・東京ドームで行われた広島戦。同点で迎えた7回に登板した上原浩治投手が広島打線につかまって3点を失った。13日の広島戦で連敗を6で止めたばかりだったが、またも2連敗となり、セ・リーグ最速で10敗目を喫した。

【巨人成績詳細】上原がまさかの防御率10.80…巨人の各打者・投手の今季成績一覧

 一度はリードを奪った。先発の野上亮磨投手が初回に先制点を失ったが、その直後に1死一、三塁でマギーの犠飛で同点に。2回には先頭の亀井義行外野手が、広島先発の大瀬良大地投手の5球目を左翼席に運ぶ今季1号のソロ本塁打を放って勝ち越しに成功した。

 野上は粘りの投球を見せていたが、5回2死で菊池涼介内野手に右翼スタンドへ運ばれる同点の2号ソロを被弾した。同点で迎えた7回、高橋由伸監督は上原をマウンドに送ったが、これが大誤算に。2死を奪ったところから、菊池に2打席連発となる3号ソロを打たれて勝ち越し点を献上。さらに丸佳浩外野手を四球で歩かせると、松山竜平外野手、ブラッド・エルドレッド内野手に2者連続の適時二塁打を浴びた。

 巨人は9回に1死満塁のチャンスをつかむと、坂本が右前に2点適時打を放って1点差に迫った。さらに満塁としたが、ゲレーロ、マギーが相次いで凡退し、ゲームセット。4月10日のDeNA戦でも打者6人で5安打を浴びて3点を失い、敗戦投手となっていた上原。その時以来の登板となったが、またしても黒星を喫することになり、2試合連続で敗戦投手となった。

 広島は先発の大瀬良が6回をわずか2安打に封じた。5つの四球を与えて2失点だったが、今季2勝目をマーク。今村猛投手、ジェイ・ジャクソン投手、中崎翔太投手の継投で辛くも逃げ切った。打線は菊池が2打席連発の大暴れ。松山も2打点をマークし、このカード勝ち越しに成功した。

Full-Count編集部

最終更新:4/16(月) 17:57
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(月) 13:25