ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「押収のナイフで犯行」2004年女子高校生殺害で逮捕の男

4/15(日) 11:59配信

RCC中国放送

14年前、広島県廿日市市で女子高校生を殺害したとして13日に逮捕された男が、自宅から押収されたナイフで犯行に及んだという趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかりました。

山口県宇部市の鹿嶋学容疑者(35)は2004年10月、廿日市市の住宅で北口聡美さん(当時高2)の胸などを、刃物のようなもので刺して殺害した疑いがもたれています。

容疑を認めているということです。

警察は13日、鹿嶋容疑者の自宅を捜索し、部屋からナイフ1本を押収しました。

捜査関係者によりますと、鹿嶋容疑者はこのナイフを使って犯行に及んだという趣旨の供述をしているということです。

警察は、ナイフの鑑定を実施するなど裏付け捜査を進めています。

また鹿嶋容疑者は、「宇部からバイクで廿日市にむかった」、「通りすがりに犯行に及んだ」という内容の供述もしているということで、警察は当時の足取りや動機を詳しく調べています。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:4/15(日) 11:59
RCC中国放送