ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

藤井聡太六段「申し訳ない」次の一手先生役を反省

4/15(日) 8:37配信

日刊スポーツ

 史上最年少プロ棋士、藤井聡太六段(15)が師匠杉本昌隆七段(49)とともに14日、神戸市内で行われた歴代竜王の講座「竜王アカデミー」にゲストとして参加した。

【写真】初手を指した後ニヤリと笑う藤井六段

 約120人の親子が参加したイベントで、藤井はあこがれの谷川浩司九段(56)と非公式の早指し戦を行った。子どもたちが真剣な表情で2人の「次の一手」を予想する中、「初対局」は引き分けに終わった。「次の一手」を出題する先生役の初体験となった藤井は「7三金か6三金というところで、すみません、私の気分で、7三金を選びました。外してしまった方、申し訳ないです」と反省していた。

最終更新:4/15(日) 8:54
日刊スポーツ