ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

東海大相模が8強「くらいついて」5回コールド

4/15(日) 14:14配信

日刊スポーツ

<高校野球神奈川大会:東海大相模11-1向上>◇15日◇4回戦◇サーティーフォー相模原

【写真】右中間に本塁打を放った小松

 センバツ4強の東海大相模が、5回コールド勝ちで8強入りを決めた。

 1点リードの3回無死、1番小松勇輝内野手(3年)が右中間へ本塁打を放ち、さらに1点を追加。4回には打者一巡の猛攻で7得点を挙げた。5回無死一塁で、山田拓也内野手(3年)が右越え2ランを放ちコールドを決めた。

 主将の小松は「序盤は自分たちのペースをつかめなかったけど、くらいついたことでビッグイニングを作ることができた」と話した。

最終更新:4/15(日) 14:24
日刊スポーツ