ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

立大・藤野隼大が決勝弾「自分のスイングできた」

4/15(日) 14:27配信

日刊スポーツ

<東京6大学野球:立大4-2早大>◇第1週第2日◇15日◇神宮

 立大・藤野隼大捕手(3年=川越東)が、決勝のソロ本塁打を放った。同点の4回無死、早大・早川隆久投手(2年=木更津総合)の147キロの直球を左翼席に運んだ。

 昨秋はリーグ戦4本塁打を放ち、長打力をアピール。今季1号アーチに「自分のスイングができました」と笑顔で話した。守っても、3投手を好リード。「(川端には)自分の投球をしろ」と助言し、ルーキーを引っ張った。溝口監督は「藤野の一振り、ホームランが大きかった」と評価した。

最終更新:4/15(日) 14:30
日刊スポーツ