ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

阪神福留が先制打、32イニングぶりの適時打

4/15(日) 14:50配信

日刊スポーツ

<阪神8-3ヤクルト>◇15日◇甲子園

 阪神福留孝介(40)が先制となる適時打を放った。

【写真】左前適時打を放つ福留

 初回、2番鳥谷の二塁打からチャンスを作り、2死一、二塁。由規が投じた内角への変化球をうまくたたき、左前へ落とした。鳥谷も二塁から激走し、大事な1点をもぎ取った。福留は「試合を優位に進めるためにも、何としても先制点を取りたかったので、うまく打ち返すことができて良かったです」。虎にとって32イニングぶりの適時打。ベテラン勢が連敗ストップへ向け、虎打線をもり立てた。

最終更新:4/15(日) 17:31
日刊スポーツ