ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

セクハラ疑惑の登坂アナ「ある人にした」離婚もした

4/15(日) 14:59配信

日刊スポーツ

 セクハラ疑惑を報じられ、出演予定だったフジテレビ系新報道番組「プライムニュース イブニング」を放送開始前に降板した元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)が15日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に出演し、セクハラ騒動について初めてテレビで語った。

【写真】登坂淳一アナ、セクハラ騒動「新番組に傷つける…」

 番組冒頭ではMCの松本人志(54)から「麿って呼んでもいいですか? それとも下り坂さん?」とイジられ、困り顔。報じられたセクハラ騒動について聞かれると、報道通り、北海道・旭川での番組打ち上げの2次会で「ある人にセクハラ行為をしてしまった」と認めた。

 「上司から確認されて、自分の記憶を話して、上司が謝罪の言葉を伝えてくれた。相手の方と和解をして、話はそこで着地しました」と、和解済みであることも主張。お酒の影響を問われると「記憶が散漫なのも少しあるし、自分の体調があまり良くなかったのもあります」と説明した。番組を降板したことについては「新番組に傷を付けることになるので、良くないと思って(降板した)」と話した。

 離婚していたことも明らかになった。MCの東野幸治(50)から「現在は離婚もされた?」と振られると、「1年前です」と離婚していたことを認めた。「今回の騒動があって?」と聞かれると「全く関係ないです」と否定。また今回の騒動から学んだことを問われると「これだけの反応になってしまい、せっかく新しい番組のオファーを頂いたのに、騒動になってしまった。迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。

 今後は「どんなジャンルにも挑戦しよう」と考えているという。「人の話をよく聞くMC。ジャンルは問いません」と出直しを誓った。

最終更新:4/15(日) 17:36
日刊スポーツ