ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横浜FWブマル初ゴールも連敗「すごくきつい結果」

4/15(日) 17:42配信

日刊スポーツ

<明治安田生命J1:横浜1-2神戸>◇第8節◇15日◇日産ス

 中国スーパーリーグの遼寧宏運から今季、横浜F・マリノスに加入したカメルーン代表MFオリビエ・ブマル(28)が、ヴィッセル神戸戦で移籍後、初ゴールを決めた。

【写真】先制ゴールを決める横浜M・ブマル

 スコアレスで迎えた後半13分、左サイドのMF天野純からの横パスを中央で受けると、左足1タッチでDFの股を抜き、そのまま抜け出してGKとの1対1から左足で決めた。ゴールを決めた次の瞬間、ピッチをダッシュしてチームメートと歓喜を爆発させた。

 1分後に途中交代でピッチを後にしたが、そこからチームはまさかの2失点で連敗を喫した。試合後、初ゴールについて聞かれたブマルだったが「結果に関して、すごくきつい。2戦連続で逆転負け。自分たちでチャンスを作ったのに、決めきれず、逆に1、2チャンスくらいで逆転されてしまうと、残念な気持ちでいっぱい。これから、どうしようかと考えてしまう」と言い、落胆をあらわにした。

 再度、取材陣からゴールの感想を聞く質問が飛んでも「私がファンの目の前で、ああいうファーストゴールを決められたのは、すごくうれしいが結果的に喜べない。勝って喜びたかったが、負けてしまっては意味がない」と悔しさばかりが口を突いて出た。

 さらに「ゴールは鮮やかだった。イメージは出来ていたのか?」と、ゴールの感想を問う3度目の質問が飛ぶと、ブマルは「自分がファーストタッチをして、GKと1対1になることは想定していたので、ゴールが生まれた」と、ようやくゴールシーンを振り返った。

 それでも、よほど敗戦が悔しかったのか「ゴールが、どうこうではないです。チームの勝利に対してアシスト、シュートをしていかなければいけない。勝つことが大事。次に向けて準備したい」と、あくなき勝利への執念を見せてスタジアムを後にした。【村上幸将】

最終更新:4/15(日) 17:52
日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報