ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ドラ1候補日体大・東妻7回0封「変化球決まった」

4/15(日) 18:16配信

日刊スポーツ

<首都大学野球春季リーグ:日体大3-0武蔵大>◇第3週第2日◇15日◇町田市小野路公園

【写真】ドラ1候補の日体大・東妻は6球団が視察

 日体大はドラフト1位候補、東妻勇輔投手(4年=智弁和歌山)が先発し、7回4安打無失点で勝利した。1勝1敗とし、第3戦に持ち込んだ。

 5回は先頭打者に左前打を許したが、その後2者連続三振。死球で2死一、二塁となるが武蔵大の4番姫野をスライダーで見逃し三振に仕留めた。東妻は「入りも悪くなかったし、後半にかけて調子が上がった。3回以降は、いい感じでスライダーとスプリットが決まった」と話した。

 14日は、打線がつながらず0-1で敗れていた。試合後は選手で集まり、反省点を話し合っていた。組み替えた打順も機能し、先制点を挙げた。古城隆利監督は「雰囲気が良くなった。今日の勝利は大きい」と手応えを口にした。

最終更新:4/15(日) 19:29
日刊スポーツ