ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

新潟3連敗で13位に、4バックに戻すも結果は出ず

4/15(日) 18:30配信

日刊スポーツ

<明治安田生命J2:栃木2-1新潟>◇第9節◇15日◇栃木グ

 アルビレックス新潟は今季初の3連敗で、11位から13位に後退した。1年でのJ1復帰を掲げ、15年ぶりにJ2の戦いに挑んでいるが苦戦が続く。

【写真】試合後のあいさつを終え、気落ちした様子で引き上げる新潟の選手

 後半の2失点はいずれもロングスローからヘディングで決められたもの。主将マークを巻いたMF小川佳純(33)は「確認していたはずなのに、やられた。しかも同じ形で」と険しい表情。前節までの2連敗で採用していた3-6-1から、開幕時の4-4-2にシステムを再変更したが、結果には表れなかった。

 ただ、ポジティブな要素もあった。前節岡山戦では見られなかったサイドからの攻撃は増えた。後半ロスタイムにDF安田理大(30)がミドルシュートで1点を返した。ショートコーナーから左サイドでつないだボールを決めたもの。「攻撃の形はできている。あとは最後の質」。小川が言うように、感じた手ごたえをプラス材料に変えていく。

最終更新:4/15(日) 19:30
日刊スポーツ