ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ロッテ2位藤岡裕大「ほっとした」プロ1号に安堵

4/15(日) 18:55配信

日刊スポーツ

<ソフトバンク7-6ロッテ>◇15日◇鹿児島

 ロッテのドラフト2位、藤岡裕大内野手(24=トヨタ自動車)がプロ1号本塁打を放った。7回先頭でソフトバンク中田から左越えソロ。強風にも助けられ、打球はスタンド中段までのびた。

【写真】ロッテの製品に囲まれる藤岡裕大

 開幕戦から全試合2番遊撃でレギュラー出場しているが、直近2試合は無安打。投手内野安打を除くと7日の日本ハム戦(東京ドーム)で右翼線二塁打を放って以降、快音はなかった。

 「ずっと打てなかったんで、何とかしたい思いは強かった。1本出て、ほっとした気持ちが強くて歓声も聞こえなかったです。ずっとチームの足を引っ張って、どうにかしたかった。チャンスで回ってきた場面もたくさんあったのにフライばっかり上げて、何の戦力にもなれなかったので」と安堵(あんど)。この日も2度の犠打がいずれも得点につながっており「バントは今のところきっちりできている。継続していきたい」と2番打者の務めを果たした。

最終更新:4/15(日) 19:01
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報