ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

金本監督「効率よく点取れた」8得点で連敗ストップ

4/15(日) 20:37配信

日刊スポーツ

<阪神8-3ヤクルト>◇15日◇甲子園

 ついに猛虎打線が目覚めた。貧打に苦しんでいた阪神が今季最多タイ13安打、同最多8得点の猛攻をみせ、連敗を3でストップした。

【写真】中前適時打を放ち中村コーチとタッチする鳥谷

 金本知憲監督(50)が「今日は3人、挙げさせてもらうと、やっぱり鳥谷、ロサリオ、大山ですね。本当にホッとしました」と語るように、鳥谷が今季初の猛打ショー、ロサリオは甲子園初のタイムリー、大山には得点圏で今季初めての適時打が飛び出すなど、ここまで結果の出ていなかった3選手が活躍した。

 金本監督は「ヒット数と得点とバランスといいますか、非常に効率よく点を取れて良かった」。前日まで31イニング連続で適時打なし、チーム打率も2割1分8厘と苦しんでいた打線が、復調のきっかけをガッチリとつかんだ。

最終更新:4/15(日) 20:55
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/27(金) 10:05