ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

鳥海颯汰が東日本決勝大会進出 世界ジュニアゴルフ

4/15(日) 21:13配信

日刊スポーツ

<PGM世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会 北海道予選>◇15-18歳男子◇15日◇桂GC(6942ヤード、パー72)◇主催・国際ジュニアゴルフ育成協会ほか◇後援・日刊スポーツ新聞社ほか◇特別協賛・PGMホールディングス株式会社

 鳥海颯汰(北海道・音更高3年)が気温4度、雨の悪コンディションの中を3アンダー69の好スコアで回って2015年13-14歳の部から4年連続1位で東日本決勝大会(21~22日、茨城・美浦GC)に進んだ。

 本人は「たまたまです。というより、ラッキーだっただけでした」と振り返った。スタートの1番でいきなり左の林に曲げて出すだけだったが「3打目がOKについた」とパーで切り抜けた。2番ではピンまで15ヤードをチップインのバーディーと、確かに「ツキ」はあった。終盤、16番では1メートル、18番で30センチと好ショットを見せるバーディーも奪った。「でも内容が悪いんで。当たりもよくなかった」と口をとがらせた。

 3月の全国高校ゴルフ春季大会で予選落ち。「気持ちを切り替えて、ゴルフの組み立てをしっかりしようと思った」という。東日本決勝大会に向け「強い人たちが出てくる。芝も北海道とは違う。自分のスイングをして、ちゃんと組み立てていくことができれば」と、初めての世界ジュニア代表を目指す。

最終更新:4/15(日) 21:13
日刊スポーツ