ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉大吾、初黒星 連続KO勝利記録止まる ボクシングWBCフライ級タイトルマッチ

4/15(日) 21:00配信

沖縄タイムス

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチは15日、横浜アリーナで行われ、前日計量失敗で王座を剝奪された浦添市出身の比嘉大吾(22)=宮古工業高出、白井・具志堅スポーツジム=がクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=に9回TKOで敗れ、デビュー以来初の黒星を喫した。日本記録の連続KO勝利も15でストップ。比嘉は16戦15勝(15KO)1敗。ロサレスが新王者となった。

この記事の他の写真・図を見る

最終更新:4/16(月) 8:55
沖縄タイムス