ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ヒュルケンベルグ「予選7番手は今日可能な最大限の結果。決勝にも自信がある」ルノー F1中国GP土曜

4/15(日) 11:22配信

オートスポーツweb

 2018年F1中国GPの土曜予選で、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7番手、カルロス・サインツJr.は9番手だった。
          
■ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=7番手
 今回も7番手につけられて満足だよ。おそらくは今日可能な最高の結果だろうね。予選でのミッションを達成できたことは前向きな要素だよ。

F1最新フォトコーナー

 今週末、このコースでは良い感触を持って、リズムをつかんでいた。マシンのフィーリングも良いんだ。

 明日はもう少し難しくなる。最初のスティントは間違いなく短くなるだろうけれど、僕らはすべてのコンパウンドで良いペースを発揮できるから、レースに向けては前向きな気持ちでいるよ。

カルロス・サインツJr. 予選=9番手
 今回も2台揃ってQ3に進めたというのは素晴らしいニュースだよ。チーム全体がいい仕事をしたよね。

 Q1ではイエローフラッグが出てDRSを失った。1セットのタイヤでQ2まで行くことは不可能だったから、結果的にQ3に向けては新品のウルトラソフトが1セットしか残っていなかったんだ。     

 僕らは特に低速コーナーで100パーセントではないけれど、それほど心配していない。今はレースを楽しみにしている。自分たちの持つ選択肢から判断し、状況がどう展開するのかを見守っていく。
 
 デグラデーションは大きな懸念材料ではあるけれど、最初のスティントはうまくいくと確信しているよ。ポイントをたくさん持ち帰れたらいいね。

[オートスポーツweb ]