ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

F1 Topic:なぜライコネンは中国GP予選でベッテルに逆転されたのか?

4/15(日) 14:48配信

オートスポーツweb

 予選のQ3の1回目のアタックで暫定ポールポジションの座に着いていたキミ・ライコネン。しかし、最後のアタックで0.087秒差でチームメートのセバスチャン・ベッテルに逆転を許した。

 予選後の会見で、なぜ逆転されたのかを尋ねられたライコネンは、「自分でもわからない」と答えた。「僕はいくらかタイムを失ったかもしれないが、特にミスはしていない」

 実際、ライコネンの最後のアタックはセクター1が24.0秒、セクター2も27.1秒と自己ベストを叩き出し、セクター3こそ自己ベストの39.9に及ばなかったが、最後のアタックでは40.0秒とコンマ1秒遅れでまとめた。

 では、どうしてライコネンはベッテルに逆転されたのか。じつはベッテルは1回目のアタックでミスをしていたのである。
「ターン3の出口でオーバーステアが出た」というベッテルのセクター1のタイムは24.1秒とライコネンよりコンマ1秒遅かった。ここでリズムを崩したベッテルは、セクター2も27.2秒とライコネンに対してコンマ1秒ロス。結果1回目のアタックは0.161の差をつけられていた。

 それが最後のアタックではベッテルはセクター1が24.0秒、セクター2も27.1秒とライコネンには及ばないものの、ほぼ同タイムで通過。最後のセクター3でライコネンが自己ベストを更新できなかったのに対して、39.9の区間最速タイムでクリア。見事逆転ポールポジションを獲得した。

 ベッテルの逆転ポールポジションは、ライコネンのミスではなく、1回目のアタックでミスしていたベッテルが、最後のアタックでミスしなかっただけ。つまり、安定した速さという点では、ライコネンのほうが光っていた。日曜日のレースで、その走りができるか?

[オートスポーツweb ]