ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

久富ロングスローから2得点!栃木がホーム白星先行、新潟は公式戦4連敗

4/15(日) 16:17配信

ゲキサカ

[4.15 J2第9節 栃木2-1新潟 栃木グ]

 栃木SCがホームでアルビレックス新潟に2-1で勝利した。栃木は3戦ぶり今季3勝目。新潟はリーグ3連敗、ルヴァン杯も含めると公式戦4連敗となった。

 栃木の武器、MF久富良輔のロングスローが炸裂した。前半から相手の脅威となっていた久富のロングスロー。まずはスコアレスで折り返した後半9分、右サイドからゴール前に鋭いスローインを入れると、DF服部康平がニアで頭に当ててそらす。これをゴール前のFW大黒将志が頭で押し込んで、先制点が決まる。

 続く後半18分、同じく右サイドからロングスローを入れると、ニアで競り合った服部の頭をかすめる。これがGKアレックス・ムラーリャの脇を抜いて追加点になった。終盤に1点を返された栃木だが、2-1で逃げ切り勝ち。敵地では1分2敗と未勝利だが、ホームではこれで3勝1分2敗と白星が先行した。

 一方の新潟は、後半45分にDF安田理大が2戦ぶりとなる強烈ミドルを突き刺すが、反撃もここまでだった。1年でのJ1復帰を目指す新潟だが、ルヴァン杯との過密日程もあり、厳しい戦いを強いられている。

最終更新:4/15(日) 18:04
ゲキサカ