ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

[プレミアリーグEAST]目標の初Vへ、市船MF岡井主将「苦しい試合の方が多い」戦いを乗り越える構え

4/15(日) 23:04配信

ゲキサカ

[4.15 高円宮杯プレミアリーグEAST第2節 流通経済大柏高 0-0 市立船橋高 流通経済大柏高G]

「後半は得点取れたし、勝ち切らないといけない試合だった。勝ち点1しか取れなかったのは悔しいです」。市立船橋高のMF岡井駿典主将(3年)は0-0で引き分けたライバル・流通経済大柏高戦後、悔しさを滲ませていた。

 前半は相手の鋭い攻守を受ける時間帯も多かったが、「推進力がある。怪我も治ってトレーングを積めている。これからまだまだチームに貢献できる」(朝岡隆蔵監督)というFW西堂久俊(3年)やFW賀澤陽友(2年)が前を向いての仕掛けからチャンスも。セカンドボールの攻防戦で優位に立った後半には落ち着いた攻撃から右SB畑大雅(2年)の左SB松尾勇佑(3年)の両翼の突破力を活かして決定機を増やしていた。

 彼らの後方から追い越していくパワーのある動きやそこへMF大関克弥(3年)らが正確に通すパス、そして複数の選手のコンビネーションで局面を打開するシーンもあった。だが相手GK猪瀬康介(3年)の好守にあったり、シュート精度を欠くなど得点を奪うことができなかった。

 空中戦で抜群の強さを示していたCB岸本駿朔(3年)やCB田谷澪斗(3年)、要所で好守を見せてカウンターの起点になっていたGK田中悠也(3年)ら後方の選手たちの活躍もあった。無失点で終えたことについては評価も、欲しかったのは勝ち点3。それだけに、岡井もは「(課題は)勝負どころで決め切るところ。守り切ることはできていると思うので得点を決めるところにこだわっていきたいです」と力を込めていた。

 勝機は十分にあっただけに悔しい引き分けだった。それでも開幕7試合未勝利だった昨年とは違い、開幕2試合無失点で1勝1分。プレミアリーグ初優勝という目標へ向けて前向きなスタートを切ることができている。松尾は「監督からは去年いい成績が残せなかったのは、甘い下級生(現2、3年生の世代)のせいと言われている。自分たちもラスト頑張りたい」と意気込み、岡井は「初優勝したいですし、そのためには一試合一試合勝ち切っていくこと。苦しい試合の方が多いと思うので、自分たちの力をしっかり発揮して負けないように頑張りたいです」と一戦必勝を誓っていた。

最終更新:4/15(日) 23:04
ゲキサカ