ここから本文です

シャクナゲ色鮮やか 唐船城跡・山田神社で花の宴

4/15(日) 15:45配信

佐賀新聞

 ことし築城800年を迎えた有田町下山谷の唐船城跡にある山田神社で13日、「丹後しゃくなげ祭り」があった。神社一帯で見ごろを迎えたシャクナゲや八重桜などさまざまな花の競演を、観光客らが楽しんだ。

 シャクナゲで知られる神埼市の浄徳寺から20年ほど前に分けてもらった株を中心に、約200本が咲き誇っている。この日はあいにくの雨で、太鼓の披露や茶がゆの接待を取りやめたが、野だては室内に場所を移して開いた。伊万里市の裏千家松村宗敏社中ら10人が、来場者に有田焼の器で茶を振る舞った。

 シャクナゲは大型連休、これから咲くフジは5月中頃まで楽しめるという。神社拝殿には町重要文化財の天井絵馬もあり、椎谷智周宮司(65)は「この時期は見学できるので立ち寄ってもらえれば」と話す。祭りは唐船城を築いた有田氏が代々称した官位「丹後守」にちなみ、9年前から開いている。

最終更新:4/15(日) 15:45
佐賀新聞